結婚式に招待する人へ招待状を出すタイミングでベストなのは

>

結婚式の招待状を出す一番良いタイミングは

招待状を送るタイミングとはいつ

こうして苦労しながら結婚式に招待する人々の人選が決まったら名簿作りが始まります。
そうして作られた名簿を基に招待状の作成に入ります。
招待状は結婚することを皆にお知らせするとともに結婚式にご出席いただけるかどうかの確認作業になります。
相手あってのことですので式を開く方としては準備に人数の把握は絶対に必要ですし、相手方も出席できるかどうかの都合というものもありますので、必ずご返事をいただける形で招待状は出さないといけません。
これによって式にお迎えする人々の人数を把握して宴の席を作らなくてはいけません。
特にデリケートなのは親戚と勤め先の上司の方などの出席確認には気を使いますね。
何しろ家と家のことなので、神経を一番使うところではあります。

一番ベストな招待状発送の時期は

では招待状をどの時期に発送したらベストのタイミングで返事がもらえるように出来るのでしょうか。
結婚式の招待状にはある一定のマナーがありますが、発送する場合と手渡しの場合でも違ってきますし、タイミングに迷われるカップルは多いのではないかと思います。
一般的には結婚式の場合、招待状は式の日付の2~3ヶ月前の消印が大安になる日に発送するのがよいとは言われています。
絶対大安でなければよくないということはないのですが、お祝い事の招待なので、大安がやはりベストなのではないかと思います。
また、返信はがきの到着期限は結婚式から一ヶ月前が理想で大安か友引の日にするとよいといわれています。
また汚れたり折れたりしては大変なので絶対にポストには投函しないで郵便局で手渡しにしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る