結婚式に招待する人へ招待状を出すタイミングでベストなのは

>

いざ結婚式を挙げるとなると準備に忙しい

結婚式が決まるととても忙しくなる

さて、結婚をすることになって結婚式を挙げるということになると、身の回りが一挙に忙しくなり大変な生活がしばらく続きます。
どうしてかというと、結婚式を挙げる前に準備しなくてはならないことが山のようにあって、それらにかかりっきりという状態になるからです。
とにかく結婚式の決め事は沢山あり、いろいろ決めなくてはいけないことが次から次へと出てくるのでめまぐるしく毎日が過ぎていきます。
両親との話し合いや式場との打ち合わせは数多くなり、花嫁のお衣装も決めなくてはいけないですし、もてなす料理も考えなくてはいけないですし、もう、やることが満載です。
とにかく結婚する二人には目の回るような毎日が待っていることでしょう。

招待客の選定が一番骨が折れる

そして何よりも骨が折れるのが結婚式に招待する人々の人選です。
まず、家族の中で親戚から身内の数、席順はどうするか、友人はどのくらい呼ぶのか、仕事でお世話になっている人々はどのくらいの数になるのか、その人たちの席順はどうなるのかと、気を使わなくてはいけないことが満載で、おそらく決まるころには疲れきってしまうことでしょう。
そのくらい招待する人の人選と席順はものすごく気を使うように日本の結婚式はできあがっていて、昔からこれは変わることの無いことです。
何が原因でこうなるかというと日本の場合の結婚式というのは結婚する人だけの問題ではなくて結婚する家同士の問題でもあるからです。
家と家の関係というのが重い日本ではこうした形になってしまうのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る